大嫌いな月曜日 そう呟いてふと気付かされる それでも私よりは 必要とされる月曜日 二度と見返されない 写真や聴かれることない唄 二度と思い出されることのない 記憶や人達 そんな忘られ者たちが 最後に集められた街 そこが、もしもこの星だとしたら 見透かしたように空は晴れ渡り 私を一人にする 土砂降りの心にちょうどいい天気はくれない 
この皮膚、隔てた世界
ビルの隙間から 浮雲がこの姿を見下ろしては 私は変わりもせず 君の顔の輪郭をそこに探してるよ 一つでも楽しみが あれば生きていけるのにな 一人でも想える人 がいれば世界は輝くから 神様貴方の気まぐれ に付き合ってあげてるからね せめて小さな願いを聞いて 水鏡に映るその人にかけられる言葉はなく 宙を舞う想いがいつか乾いてこの空から降ること願って 恋なのか友か愛なのか 名もない不可思議な絆か これはきっとどれでもなくて その全部だと分かるよ 今なら 見透かしたように空は晴れ渡り 私を一人にする 土砂降りの心にちょうどいい天気はくれない 
この皮膚、隔てた世界
ビルの隙間から 浮雲がこの姿を見下ろしては 私は変わりもせず 君の顔の輪郭をそこに探してるよ