20年ぶりの
ソロモン・R・グッゲンハイム美術館・フランクロイドライト設計。
 

https://www.guggenheim.org/
 

素人だった学生時代に経験した建築と仮にもプロとして歩いている今、経験する。
同じ経験ではこれほどにもフォーカスする世界が違うものなんだ。
 

垂直水平がほぼなく。

有機的な弓なりな曲線と直線はあれど
角度が微妙に変化している見事なバランス。
そして螺旋状に巻き貝のような展示空間。
緩やかに傾斜してぐるッとスロープがあれど、傾斜を感じない絶妙な

斜度。展示に夢中になれば気づくと下に降りていた。なんなんだ!このセンスの良さは。
 

吹き抜けに面する手すりとなる白い立ち上がりは高さが920mm、テラゾーの巾木は80mm、
それも垂直ではなく、吹き抜けに向けて傾斜している。
ちょっと低くないか??微かな危険に身が引き締まる思いになる。

6EC182EC-0C40-4900-A409-C301FDA7D2B7
1E070D2C-5FBA-46AB-9476-3B2AB4AED94B
CCDA39B9-8D86-46EF-92D3-CD809C98F5BE
3007B00A-7566-4F57-A864-BA994861E3CD
A968BAF9-1603-4082-BBAD-20E8233B6AAF
AD0B87D9-7E3A-445B-92DC-7D872A87BD3A
E79C0C24-B891-4287-9C2B-D0F9CCEA3EC4
976445E1-9543-4903-8B8D-B0D65A1C9B48
DFA380ED-96BC-45B9-A879-7134C171958C
E50D7296-1F5C-47BF-80E6-233214BD5517
317352F1-72C0-4DEA-AE55-DFD45E029B01
1ACFCFCF-0E5A-445B-A36D-AE275C71B31B
9C8F07D5-BF46-4C2F-AA9E-3BB920DB4391
26AA1279-C9AB-49B7-ACEA-22F6048A87C5
F7E46907-4019-4B9C-9C42-72CC167C2B49
A4609136-7992-48ED-BDF6-CBA2CF8114FD
7A2C3C2E-0A05-4A16-960E-2BC0A9F143DD
C4385EBB-8436-42B9-8B07-C483413CBDEA
1797BD7A-9199-42D8-8040-42E718C79359
18AFF44D-F338-42AF-AC73-FFE6A72037C0
B1A36BCE-105C-45BB-86B5-F9E50BED3A06
BB25F156-EECD-4740-8844-73475802C0E7
C577807F-DE0B-4297-B5EE-D155B1164A87
417D79F8-4636-417B-A091-985F57C9192A
B75CB851-2B01-4C30-A82A-E9DE18E75928
60688724-2791-470E-96BD-85EC1F8C95A9
33A7CCBD-DC15-4517-9BF2-1959D550B18D
2C228752-6A55-478B-B3DC-FB15B3570A18
CD4A03F3-D5C9-4968-B626-9D533CBC1536
0DFAC49E-42B5-406E-B1BA-4939D7E01BC0
76548A9E-CC12-4F99-B5B7-B85578ECAAFF
7A7EB719-A561-4895-AD2B-7E1704C6C2C9
67ED7D56-4D91-485D-9A01-02CF7323AA3E
93D78BF2-D3FB-459D-B914-54566A6F67BF
976C467F-66BA-4D18-A8BF-8357351646D1