911,2001


当時どこで何をされていましたか。
僕は福島県の県の博覧会「うつくしま未来博」に
丁度30歳前後の頃に有り難く関わらせていただき、
東京から車で仲間たちと一緒に訪れた夜の旅館に
いたことを記憶している。


テレビから流れる。
リアル?フェイク?映画の特撮?なのかと、
只の観客の一人でしかなかった。


あれから17年8月の時が流れ。

世界が一変してしまったように思う。


あのアタックに関しては詳細は知るところはあるけれど、
そこは自己判断で捉えていただき、敢えてここでは記しません。
人間の深い深い思惑で混沌としていた事実は事実として、
犠牲になられた人たちの気持ちを想像しても
チープで簡単綺麗な言葉では片付けられません。

グランドゼロの黒い石の滝が中心に落ちてゆく様は、
地上からの視点では底が見えなくなっていて、
まさに底知れぬ世界の闇を感じます。


そして隣に出来たサンティアゴ・カラトラバ設計のOculus
白い有機的な骨格のような建築。
中にはブランドショップやアップルストアがあり、
カフェもあり、人たちが日常を楽しまれている姿がなぜか印象的だった。


世界は個々の意識の投影の集まりが結果を現している。
そこに在る現実世界が映画を観ているように不思議です。

人類が争うことなく平和という現実を生み出すには、
個々が何者にも支配コントロールされずに精神が自立してゆくこと、
そして目の前の小さな幸せのタネに有ることが難しいこと「有り難い」
という感謝の火を灯すことなのだろう。

そこに感謝をアピールするのではなく
真の部分での誰にも気づかれない感謝の火を灯す。ということなのかと。

 

6AA54D78-67E2-415B-A03B-D36F36F3E9CE
B0B432BA-D53B-46B7-852C-947D3C3B0076
FDB680D2-2C16-4FA2-BA17-703877B5BC5B
B9CB6B01-A1F1-47C8-92A6-B7B3CC463252
D89F387D-96AF-4D86-9DE8-7BC09DAD6F3F
6F1C99C6-2AC6-4823-BE8E-8D430E2BBC4A
0009850B-C38B-481A-8035-26DCEEBCE7B5
AB228064-F87C-4FC4-AE34-552E7139CE81
86B6C823-89AD-4737-9A1C-071DFEA3D701
DFF30E01-7986-45A9-9362-7F2B2205628B
4852014E-7C7C-4503-8E4B-B6EE32013142
3225B974-B57A-4742-A938-B21B77B5F7CB
86E9D1E0-6767-4112-B0E4-EC34A96E9279
BD3209E7-2995-47F2-A62D-2CD69809C2F2
CDF8A571-FAE9-4694-B3A0-1045116B30F0
59B8011C-C521-47B3-BE4C-681F64D789DE
50CB1885-5018-4E36-8904-309969CDEFDD