もうアラビアンな建築。
アルハンブラ宮殿、文様オタクには、たまらん世界!

僕がやってるいつもの建築表現とは、これまたまったく違うアプローチ。
装飾が中心に装飾が空間を決めるスパイスの役目をしています。
水も重力も高低差をうまく利用して噴水をはじめ様々な仕掛けが隠してあります。
そしてやはり庭と建築の関係性がとてもとても参考になります。

なるほどな〜そういうことなんだ。

次!始まる計画ではそれらスパイスが散りばめられる気がする。
僕たちデザイナーにとって、やはりいつでもデザインソースとなる器を開き
注がれる閃きをいつでも受け入れる準備をしておくことが大きいと思う。

DSCF6073
DSCF6080
DSCF6091


DSCF5812
DSCF5810
DSCF5869
DSCF5876
DSCF5880
DSCF5893
DSCF5897
DSCF5908
DSCF5929
DSCF5933
DSCF5934
DSCF5940
DSCF5945
DSCF5953
DSCF5954
DSCF5957
DSCF5961
DSCF5963
DSCF5971
DSCF5974
DSCF5978
DSCF5980
DSCF5982
DSCF5984
DSCF5985
DSCF5999
DSCF6016
DSCF6019
DSCF6027
DSCF6030
DSCF6033