wikasshfzs5txhbeoucp


世界中知らない人はいないのだろう画家ピカソ。
14歳から24歳までの10年間、美術学校も含めて多感な時期に過ごされたバルセロナにある、
ピカソ美術館。

有名すぎて興味を持ってなかったピカソの半生に触れ
誰もが知る、象徴的な抽象画は晩年のものだったんだ、と今更、
知ったのは恥ずかしい限り。

その年、その年の作品たちに触れることが出来、思い悩んだり、
様々な経験をしてきた青年の苦悩を感じることができた。

そして晩年、もういいや!と、笑、

ばかりに直感のままに筆を歩ませる迷いのない絵の秘密がわかったような気がした。
僕も絵を描こうかな、と、ふつふつ創作意欲が湧く湧く、沸騰してきています。

DSCF5225
DSCF5224