素敵な季節になりました。
 
世の中のいろんな動きなどなど何処吹く風〜
いつものこの季節になると分け隔てなく誰にでもやさしく幸せな、
きらきらを注いでくれる桜たち。
 
すごいね。
 
樹は思考して動きまわり生きる人間なんかよりずっとずっと長寿。
思考渦巻く人間界の歴史をずっとそこにいて何も語らず見守り続け
言葉として語らずしてもすべてを知っていて、
どっしりやさしくそこにいてくれる。
 
「樹」
 
植物ってこの地球上で一番すごい存在なのではないかな。
まったくもって、あたまが上がらない。
 
樹をはじめ、森そのものには総合意識というものがあって
個として生きるより全としての意識もしっかり根付いているのだろうなと
僕は密かに思っている。
 
そんな人間界の思考からおこる失敗もすべてを包み込んでくれる自然界のすごさ。
たとえ自然界を汚したとしても植物の浄化作用やバクテリア、粘菌類との連携で
環境を長い時をかけて戻していってくれる。
 
大きな意味で人類という地球にとっては、
まるで癌細胞のような存在にも子どもの成長を見守るかのように
ただただやさしく包み込み見守ってくれている。
 
きっと人類という存在がいなくなったとしても、
そこに在り続ける存在である僕たちが暮らす星、地球。
 
「地球にやさしく」
 
この言葉の違和感に人類が氣がついた時、
きっとすべてが良い方向へと動き出すのではないだろうか。

DSCF9344