心の在り方
頭の中の雑音(ノイズ)を消すことによって直感が研ぎ澄まされていく。
その直感に従えば自分が意図しなくても
自然に然り描いた希望や願望は実現していく。
 
都会にいて人間界だけのことを意識して生きていると雑念を抱き、
人間中心に世界が動いてるかの錯覚をしてしまう時がある。
そうなった時はたいていうまく進まない。
 
美しい‥。
それだけでほんと十分。
   
何をフォーカスするかの選択は実は本人次第。
捉え方、考え方、心の在り方や信念が現実をつくりだす。
 
自然界に意識を合わせ雑念や雑音が消えたのならば、あとは良くなるだけ。
空なる器を用意できたら、もう大丈夫。
 
軽やかに生きる秘密は実はこんなところにある。
難しく考えすぎて概ね自分とまわりを否定して
ぐるんぐるん〜マイナスに落ちていったらうまく進むはずがない。
 
無理と思ったら無理になる。
簡単だと思ったら簡単になるのだけ。
 
ものごとは常に中立で、
それをどう捉えるかの価値判断をした瞬間に描いた通りの世界が具現化してゆく。
 
僕たちはそのどちらにでも進むことができる選択肢をもっている。
どう選ぶかは自分次第。
 
なんだかいつも空を見ているような気がする。
 
空が広いってやっぱりイイ。
瞬間瞬間うつろい往くさまは世界どこも同じく美しく輝いている。
遥か上空の雲と一番下の雲の動きは一方向ではなくって
あっち向いたりこっち向いたり自由に動きまわっている。
布ができるかのように結ばれ織笠なるさまは見ていて飽きない。
 
地上に立ってるんだけど、心は遥か上空を飛んでいるような錯覚。
溶けてしまいそう・・。
きっと心が物理的な身体を卒業する時、きっとそんな感覚なんだろう。
 
今に感謝して
今を生きよう。