誰そ彼時 "たそかれどき" とか "かたわれどき"(黄昏時の語源)と呼ぶ。

誰そ彼と、われをな問ひそ
長月の露に濡れつつ君待つわれそ「万葉集」

夕刻、昼でも夜でもない時間。
人の輪郭がぼやけて彼が誰だか分からなくなる時間。
人ならざるモノに出会う時間…。
 
PHOTO : iPhone6 plus.
誰そ彼時