九份01

ゆぅら〜ゆらゆら。

東洋人にとって
赤提灯は心の琴線を奏でる楽器のようだ。

美しく優しい風。

DSCF4915
DSCF4903
DSCF4888

絶景に建つ町の凄さはエーゲ海のサントリーニ島は
もっと海が近く圧巻だったけれど、ここもなかなか。
 
世界中〜長年旅をしてきて思うこと。
飛行機で何時間もかけて地球の裏側に辿り着いたとしても
実は自分が変わらなければ何も変わらないという事実。
 
自分探しの旅。

なんて良くいうけれど「自分」を遠くに遠くを求めても
見つからないということを時間をかけて知ることになる。
地球を何周しようが自分は自分の中にしかなく。
外よりも内なる旅に旅の本質がある。
 
押して押しても開かない扉を開くはず!と永遠押し続けるようなもの。
引くと一瞬で向こう側へと歩むことができる。
 
そのトリックに気づいて何年経つだろう?。
まだまだ課題は多いが元来の前向きさから課題を楽しんでいる。
そしてあらゆる出来事を肯定的に捉えることができるようになってからも
だいぶと時間も経つ。
すべてに意味があり良い悪いと言われる出来事すべてが実はこれらも
自分が描いた風景の一つなんだと知る。
 
つまり決めすぎず。

どっちに転がるかどうなるか、実はどっちでも良くって。
成るように成る。ただそれだけの真実が結果として現れる。
だからこそ決めすぎて思い通りにならない苛立ちやそれを不幸として
捉え憤るような不幸の主人公には決してなることはなかった。
 
仕事の中での約束ごとのスケジュールはポイントで書いておくけれど、
それ以外はほとんど書くことはない。スケジュール帳を持ってはいるけれど、
けっこう真っ白。未来の予定をたくさん書くことで安心したり
枠組みを作ることで不自由を感じるのはあまり好きではない。
 
「今」を生きる。
 
この瞬間〜瞬間をどれだけ楽しめるか!。
その連続が生きるということ!。
 
思い悩み足りない満たされていないを続ける人生を選ぶと、
きっと未来も永遠〜思い悩み足りない続けることになる。

ところが楽しい!ある!と思い続ける人生を選ぶと、
きっと未来も!永遠〜楽しくあり続ける☆☆☆。

実はシンプル。

DSCF4884
DSCF4878
DSCF4876
DSCF4873
DSCF4871
DSCF4870
DSCF4861
DSCF4844


DSCF4811