新緑が美しい季節。
そしてとうとう梅雨入りしましたね。

僕にとっての時間軸「半年」毎という大きな時の変化とその半分の三月という区切り。
不思議に昔からこの「三」毎の感覚が心地よく響いています。

お水送りから三ケ月。
旅から帰ってきて一月が過ぎました。
久々の長い旅路の感覚が未だ残っている今、
改めて半年前の2012年秋のことに思いを巡らしています。
たったの半年なのに半年だなんて氣がしなくて一月が一年のような時の感覚です。

なにか今週は走り続けてゴールを越えぽっかり空いた隙間のような時間を過ごしています。
ふわふわ〜無重力状態。

2012年の暮れに氣づいたこと。
春を迎える2012年度末に氣づいたこと。

この二段階の区切りで完全、僕の癖であった「自己犠牲」という
今思うと楽しくなかった数々の背負いを卒業することができました。

どんなに自分の不幸せだという境遇を語られ、なんとかしてくれ!と云われても。

あ、そう。♪
それは僕の問題ではなくあなたの問題。

はっきりそう云えるようになりました。
これは僕の中のすごい進歩。

その人のせっかくの成長のチャンスを僕の「してあげなきゃ!」という
けっして楽しくはない気持ちで奪ってしまうことではないのだ。
それは一瞬は感謝もされるかもしれないけれど、結局、その人にとっての成長は無く
また同じようなパターンを生んでしまうきっかけに過ぎないということ。

つまり依存させてしまうパターンを永遠繰り返すきっかけをつくってしまうということ。

自分が導く。
お互いの不幸せな構図。

そんな負のスパイラルにはまらないように僕自身が変わることにしました。
そんな隙間のゆったりながれる時を今週は過ごしています。

そして自己中という意味ではない自分という軸をしっかり持って
自分が楽しいって気持ちだけで行動していくことができるようになりました。

よかった。