DSCF3303

DSCF3310

ふと氣がついた。
僕のさせてもらっている仕事って好きなことだらけだ。

古い家や古くからの町にでかける。
好きなお寺関係のいろいろ。
季節を感じる自然の中にいること。
好きな古民家の町家やお屋敷の手直し。
自然のそのままの素材を活かして建築をつくる。

図面をひく。
絵をえがく。
写真をとる。
言葉にする。

そして好きなそれらがすべて仕事になっている。
いつの間にか、いつの頃からか。

これって偶然だろうか?。
否、きっとそうではない目に見えない何かがそうさせているのだ。

もしかしたら、これは僕に限ったことではなく。
万人にできることなのだと僕は思っている。

では、皆がそうできないのはなぜか。
それはきっと「できない」という思い込みができなくさせている。
自分に聞いてみるとよくわかるはず。
大事なのは心の奥の奥の本音なのだ。

直ぐに結果を求めてしまうのも良くみる光景だ。
実は地味で地道な一歩一歩の連続を続けて来た人だけが
見ることができる常識の外に在る未だ知らない世界。

一夜にして成らず。
続けても時はたつ。
続けなくても時はたつ。

僕の強みはすべてずっと続けていること。
だから成っているだけ。


常識では、あぁだ。こうだ。
せっかくの自分の飛躍の機会を、
自分で枠(檻)をつくって枠の中にいることに安心してしまい。
理屈を並べてはいつまでたっても飛び立とうとしない。
中から、あぁだ。こうだ。外のことを云うようになる。
そして、あぁだ。こうだの巧みなプロになっていく‥。

ま、それも人間なので学びの日々なのかもしれない。と、
少し達観して客観的に世の中を見渡してみるとおもしろい。

「できない」から「できる」という思い込みに変えるだけでも。
きっと違う新たな道を経験できるはずだ。

ま、最後はお好きな方をどうぞ。それがいつもの僕の口ぐせ。
枠を外した、溶かした人だけが見ることができる新しい世界。

たのしい☆、よ。

DSCF3325

DSCF3336

DSCF3342

DSCF3343

DSCF3352

DSCF3356

DSCF3368

DSCF3370

DSCF3372

春、ららら。
お地蔵さま、ありがとう。