昨晩、
京都で開催されました「美しく懐かしい未来へ」田中優さんの講演会へ行ってきました。

いちにち商店街の仲間・虹色パンダの千絵ちゃんの主催♪。
フライヤーづくりのお手伝いでちょこっと参加。
当日は大勢のボランティアスタッフさんたちがおられたので僕たちはお客さん参加でした。

来れなかった方のために。



今回の原子力発電所の事故。

日本という社会の仕組み。
さまざまなトリック、なるほど〜なるほどのひと時でした。

「原子力発電所」

今、世の中で突然フォーカスを当てられた存在。
僕は福井県小浜市という小さな歴史ある町に生まれました。
本籍地は、広島県広島市中区白島中町(広島城の隣)爆心地。
若狭地方は世界で一番原発が密集している原発銀座と呼ばれている地方です。
海の向こう10kmのところには大飯原子力発電所があります。
反対とか賛成とか、そんなの知らない世代。生まれた時からそこに在った。

原発1

町で過ごして感じること、
ある時代、町を二分して反対と賛成と対立ぶつかったことがあったと聞いています。
反対派の方たちには公安が尾行するなど監視されたことは日常茶飯事だったそうです。

結果小浜市は原発に対してNOの答えを出し。
今も在りません。

ところが隣町、大飯町と高浜市はYESを出したので今も在ります。
反対と賛成とわかれたものの、海の向こうには存在しているという事実。
反対の町なので多額の原子力発電所の交付金はありませんが10km圏内の町。

その名残なのでしょう。
原発のことについて話題にすることすらタブーな空気。
僕もあえては地元に戻ると話題にはしない暗黙の掟みたいの中で過ごしていることに気づきます。

3.11以降

変わりましたね。
ほんとに意識がかわった。

ただちょっと気になるのは
今まで都市圏に暮らす人たちが原発の存在を
意識すらしなかったことが近くの存在として意識するようになったこと
とても喜ばしいことです。

ところが、

危険だから要らない。
反対〜反対。
悪いのは電力会社だ。


などなど。
忌み嫌う存在として原発を見ないでほしい。
それが原発とともに生きる道を選んだ地元のひとりとして思うことです。

若狭湾に存在する原発(高浜・大飯・美浜・敦賀・もんじゅ)計15機からつくられる
電力の90%は関西圏の都市部へと供給されています。
今回の福島県から首都圏に供給されているのと同じ構図です。

では、なぜ?これだけの原発が存在するようになったのか。
それは、まさしく経済を中心とした
僕たちひとりひとりの24時間電気が絶えない便利な生活の恩恵をうけるために他なりません。

忌み嫌うのではなく

友愛といたわりと感謝。

今まで見返りなど求めもせずに働きつづけてくれた原発そのものへのプラスの気持ちが
とっても今必要な気がします。

マイナスの気持ちを送るのではない。
プラスの気持ちを送る。
そして次の道をみんなで選んでゆくということ。
大切なことです。

僕は反対とか賛成どっちがどっちという活動ではなく。
3つ目の選択をしていきます。

次の未来の提案です。
風景そのものをこわしている電線を必要としない町。
自給自足、自由に電力を買える仕組み。
そんなずっと想い描いてきた未来へのたくさんのヒントがつまった素敵な一夜でした。

最後に話してくださった。
「無力はたくさんあつまっても無力だけど。微力はたくさん集まれば、大きな力になる!」
こころつよい言葉です。

かえりのロビーで、
さいご田中優さんとお話することができました。
数分でしたが、なにか新しい ”希望” の扉が開いたような、そんな気がしました。

一歩前進です♪。
美しく懐かしい未来へ。