これに決まりました☆。

懐かしの『竹革折箱』です。デザインコンセプトとして『ごみ』となるものは一切なしにしたいと思いました。化学系のサランラップやビニル包装は完全ゼロです!。世の中の食べ物を買うと必ず一緒にくっついてくるプラスチックやビニル系過剰包装の数々…。どうしてこんなにゴミが増えるのか?!と常々思ってました。使い捨ての世の中(コンビニ社会)で食品についても安くて長持ちするものをという物質経済至上主義としての考え方が今の世をつくってしまったけど、実際ほんとに皆、満たされてるのかな?と、ふと思うことがあります。化学の力を借りなくても、竹革が持ってる抗菌作用やホウ葉が持ってる同じく抗菌作用はサランラップにはない自然の力を『お借りする』という考えがあって僕はとっても好きです。これらに気づいていた日本人ってやっぱりすごいな〜って思うのです。もちろん鯖寿司も完全無添加自然素材です。

今回そんなことを想いながら『持ってて嬉しくなるもの』をキーワードに組み立ててみました。鯖寿司を食べていただいた後も、この竹革折箱をおにぎりのお弁当箱や何かに使ってもらいたいなぁ〜。大切にしてもらいたいなぁ〜という想いがあります。僕の建築の考え方でもあります。

これから建築も勿論だけど『持ってて嬉しくなるもの』『かけがえのないもの』など人の心に響く”ものづくり”をどんどんやって行きたい。

hakosushi2